NHK大学セミナー「映像資産を未来へつなぐ」のお知らせ

ENGINEプログラム3大学では、11月2日(火)にNHK大学セミナーを開催します。

NHK放送局には、これまで放送してきた番組やニュース、地域の風景や風土、戦争や災害など歴史的に重要な事柄、人物毎に出演した番組など、カテゴリーやテーマ毎に多くの動画が保管されています。

NHKアーカイブスでは、保存している番組や素材からテーマなどでジャンル分けして再編集した映像クリップを視聴できるようになっています。

今回、特集番組「4Kカラーでよみがえる終戦直後の日本」や「よみがえる新日本紀行」等を担当し、古いフィルムのデジタル化や白黒フィルムのカラー化技術を駆使し、当時の色を再現した映像の再生や、「AI」「メタデータ」を活用し映像アーカイブに取り組んでいる知財アーカイブス部・専任部長 千野博彦(ちの ひろひこ)氏に講義をいただきます。

ご自身のキャリアや最先端の映像技術、アーカイブの役割やかつての映像から見える美しい日本の暮らしなど、様々な視点でお話しいただきます。

Japanese JA English EN