しごとーくVol.3開催のお知らせ

 今回のテーマは、「オンラインで地方創生~副業、複業?パラレルキャリアで地域課題に取り組む」です。

コロナ禍においてテレワークが普及し、さらにノマドワーク、パラレルワーク、ワーケーションなど昨今多様な働き方を耳にします。今回は、首都圏の企業に勤務しながら、複業として地方企業に関わるといいう働き方をしている方々と「しごとーく」します。

2部構成で前半では先行的取り組みの報告会を聞き、後半では実際にオンラインツールを活用して、課題解決を体験するワークショップを実施します。

第1部 報告会「DX時代は学び合いで地域をつくる」 信州大学経法学部 4年 浅川雄介

2020年度、長野県中野市・山ノ内町の企業と首都圏在住の複業人材がチームを組んで、企業課題に取り組むという学びの場「Work Design School」を実施しました。この取り組みを例に、オンラインツールを用いた地方創生の活動事例を紹介します。

第2部 ワークショップ 「オンラインで地方創生体験」

実際にワークショップを通じて、様々な立場の参加者で地域課題について議論します。温ラインであっても、自分の意見がまちづくりに反映され、多様な意見の中からアイデアが共創される体験をします。

対象:大学生、高校生、社会人

<こんな人に参加してほしい>

  • 地域のリアルな課題を知りたい・解決に取り組みたい人
  • 首都圏で働きながら、自分の地元や地方に関わりたいと考えている人
  • 将来のキャリア形成に迷っている人

<大学生が参加して得られるもの>

  • 地域課題に対して自分の意見を持つ・発信する   当事者意識の形成
  • 社会人とのコミュニケーションで意見の多様性を学ぶ   多様性による学び合い

参考:中野市関係人口未来ラボ~都市と長野県中野市を繋いで地域プロジェクトを作る~

https://drive.google.com/file/d/1Lt8wPMC6X9WMnoWYIqA5VfyBGJWvgncF/view

<開催概要>

しごとーく2021Vol.3

「オンラインで地方創生~副業、複業?パラレルキャリアで地域課題に取り組む」

日時:2021年7月7日(水)18:00-20:00

場所:オンライン zoom

主催:しごとーく実行委員会(信州大学キャリア教育・サポートセンター)

概要・参加方法(申込フォーム):https://forms.gle/fKWKkKYke8NF32UH8

フォームに詳細と回答いただいたメールアドレスから参加申し込みをお願いします。

申込後zoomのURLをお送りします。

Japanese JA English EN