「ENGINEプログラム」変革人材に関するアンケートの分析結果等報告会を開催(21.5/25)

5月25日(火)にオンラインにて「ENGINEプログラム」変革人材に関するアンケートの分析結果等報告会を開催しました。

ENGINEプログラムでは今年2月に長野県、富山県、石川県の出口候補となる企業の皆様にアンケートをご協力いただき、変化し続ける社会現場では、どのような能力を有する人材を求めているかを調査しました。

当日は、アンケート結果とそれを基に作成した学習到達度の評価指標(ルーブリック)について説明し、調査の成果をオンラインで報告をするとともに、今後の人材能力評価指標の活用についてディスカッションを行いました。

また、今後、開発した評価指標をプログラムに反映するなど、集まった意見をプログラムに反映していくために、企業と大学の定期的な意見交換の場や対話の機会を設置することを検討しています。

今後も、企業と大学が協働し、人材育成の環境整備を進めていきます。

Japanese JA English EN